こんにちはSHINです。

 

先日、僕のコンサルタントのみほすけさんと、みほすけさんのコンサル生の仲間と3泊5日でタイに仕入れに行ってきました。

 

僕はこれまでタイには25回以上行っていますが、今回の渡航は3年ぶりで正直めちゃめちゃ楽しみでした^^

 

大好きなタイに、しかも仕事で戻って来れるなんて、とても感慨深かったです

 

現地では色々な物を仕入れることができたと思います。

 

普通に2倍、3倍、中には5倍で売れている物や1つ売れると1万円以上利益が出る物など、中国の商材では到底ありえないような高利益の商品がたくさん溢れかえっていました。

 

色々な商品を仕入れて、夜には現地の代行会社の社長と懇親会の場も設けていただき、現状のタイ仕入れのトレンドや気を付けないといけないことなど、とても有意義なお話もいろいろとお聞きできました。

 

言うまでもなくタイ料理はどれもこれも最高でした、ビールも安く(僕はビア・シン派)、また同じ目標を持ってタイにやってきたメンバーの皆さんと話していると、とても楽しいのでついつい連日深酒になりました (笑)

 

また、遊びも部分もしっかり楽しめました、今回ご一緒した方はタイが初めての方が多く、夜遊びに関しては僕が皆さんをアテンド、通訳するという貴重な経験もさせていただけました。

 

もちろん僕もタイのかわいい女性とお酒を飲んだり、冗談を言ったりして楽しめましたが、それよりも他のコンサルメンバーの方々が初めてのタイの夜を満喫していらっしゃる様子、少年のように目を輝かせてはしゃいでいる姿、そういった光景の方が僕をよりうれしい気持ちにさせてくれました。
(発想がジイさんみたいですが僕はまだジイさんではありません 笑)

 

あっという間のツアーでしたが本当に参加してよかったと思います。

 

今回のツアーに参加してよかった点をいくつか挙げておきます

1.仕入れるべき商品、仕入れてはならない商品がたった一回のテスト仕入れでかなり明確に線引きが出来るようになった。

2.現地の代行会社の社長の有意義なお話アドバイスなど頂けた。

3.同じタイ仕入れにチャレンジする仲間が出来た。

4.タイ仕入れがどれだけブルーオーシャンなのか改めてよく理解できた。

5.タイ仕入れを極めれば間違いなく大儲けできることが分かった。

 

こんな感じでしょうか^^

 

タイ仕入れに興味があるけど、どうしていいかわからない、英語すら一言もしゃべれないので不安だ、といった方は一度僕が参加したようなツアーがタイミングよくあれば参加してみるのが間違いなく一番近道になります。

ツアーでしっかりとタイ仕入れの基礎を学び、また同時に不安を取り除くこともできると思います。

 

と、ここまで書いたら「タイツアー開催のお知らせ」みたいな誘導になるのがお決まりだと思いますが、僕はそういったことをしておりません 笑

ですが、そういったツアーを企画・開催されている方もいらっしゃいますので、一度問い合わせてみるとよいかもしれません。

 

 

僕に関してですが、僕はタイ仕入れをメインのビジネスにしていくのでこれからどんどん皆さんに役立つ情報をお届けしていくつもりです。

「タイ輸入、タイ仕入れのスペシャリスト」を目標に爆進して行きますのでこれからもこのブログをよろしくお願いいたします。

 

本日の記事はここまでになりますが、タイ仕入れについて質問などあればスカイプで御連絡ください、もちろん無料です!

また、タイ仕入れではなく、純粋な旅行者としてのタイ好きな方、現役のバックパッカーのからのご連絡も大歓迎です!

20年以上タイに行き続けているので、ここでは書けないようなディープなエピソード、マジで多数あります 笑

 

追伸 「テメエなんでタイに行ったのに写真が1枚しか無いんだよ?あ?」たぶんこう思われる方は多いと思います。

僕も渡航前は憑りつかれたように、ホテルでもトゥクトゥクでもタイの食事でも、あと別に見られても困らないような弱い商品の写真をバンバン撮影しても載せようと思っていたのですが、僕は放浪者をしていたころから写真を撮らない癖があるので、気が付いたら写真はこの一枚しかありませんでした 汗

それに今の時代、画像検索をかければタイの食事やトゥクトゥクは幾らでも見れますし、また弱い商品の写真なんて見ても無意味だろうと思うので勇気を持ってこの一枚の写真でブログをアップすることにしました 笑

 

追追伸 実はこの写真の中に僕、SHINが映っています。わかった方は連絡ください笑

最後にお願いがあります、この記事を楽しんで頂けた方はどうか暖かい応援クリックをお願いします!
皆さんの応援クリックやコメントがブログを書く原動力となっております!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ